高温超伝導体Bi2Sr2CaCu2O8+δを用いた原子層デバイスを作製し、導通を取れた理由を明らかにしました。大阪大学の田島・宮坂グループとの共同研究です。Applied Physics Express 11, 053201 (2018).